やっぱりケビン・スペイシーはゲイだった!けっこう好きだったなぁ(昔は)

こんばんは。

ふと、ヤフーニュースを見ていたら、こんな記事が!

「アカデミー賞受賞の俳優ケビン・スペイシー、同性愛者であると公表」

アカデミー賞受賞俳優のケビン・スペイシー(58)は29日、これまでの人生で男性と恋愛関係を持ってきたと公表し、同性愛者として生きていくことを選んだと明らかにした。ツイッターへの投稿で述べた。

スペイシーは「このことに誠実かつオープンに対応したい」としている。

スペイシーはまた、俳優のアンソニー・ラップ(46)が最近のインタビューで、14歳だった1986年にスペイシーから性的アプローチを受けたと話したことを受け、30年以上のことで覚えていないとしながらも謝罪した。ラップは俳優の仕事を始めたばかりの頃、スペイシー主催のパーティーに参加し、他の客が帰ったあとで酔っぱらったスペイシーにベッドに連れ込まれたが押しのけて逃げ帰った、と語っていた。

今年のトニー賞の司会を務めたスペイシーは、「ユージュアル・サスペクツ」と「アメリカン・ビューティー」でアカデミー賞を2度受賞、「ロスト・イン・ヨンカーズ」でトニー賞を受賞している。現在、米動画配信サービス大手ネットフリックスの政治ドラマ「ハウス・オブ・カード 野望の階段」に出演している。また、英ロンドンのオールド・ヴィック・シアターの芸術監督を10年間務めた。

引用元:ロイター

な、なにーーーー!というか、や、やっぱりーーー!というのが本音。

僕が初めて彼を知ったのは、10代の頃に見た映画、「アメリカン・ビューティー」です。
世の中がイメージする、「アメリカの裕福で幸せな生活」の中身は、実はこんなドロドロでスッカスカ、、、
というのを、シニカルに、コミカルに描いていて、なかなかおもしろい作品なのです。

ケビン・スペイシーは、この映画で主演を演じています。
娘(高校生)の友達に恋をしてしまう、イタイ中年役です。
彼は、この映画でアカデミー主演男優賞を見事受賞しました。

DVDはこちらから↓
アメリカン・ビューティー

ちょっと話しは逸れますが、この映画の中で、なんと、隠れゲイパパが登場するんですねー。
ケビン・スペイシーは、この映画の中では冴えない中年のお父さん役。
で、隣には、めちゃめちゃ厳格で、超怖い、キレ者の軍隊幹部の同年代のお父さんが住んでいる。
二人は相容れることがなく、物語が進むのですが、
ケビン・スペイシーがマリファナを楽しんでいる姿が、
少年にフェラをされているように見えてしまい(なんで?と思う人はぜひ映画をご覧ください)
軍隊幹部のお父さんにゲイと勘違いされてしまう。

ここで、驚くべき事実が!
(すみません、ここからネタバレです。)

この軍隊幹部のお父さんはゲイだったのです!(隠れゲイ。僕と一緒じゃん!!)
男に飢えていた彼は、ケビン・スペイシー演じる中年男のところにやってきて、
なんと、勘違いして、カミングアウトしてしまうのです!
「実は俺もゲイなんだよ!キスしてくれよ!」って。
もう、厳格なパパを演じることに限界を感じていたんですね。
でも、ケビン・スペイシー演じる中年男は、実際にはノンケ。
それを知った軍隊幹部のお父さんは、その後自殺してしまうんです。

はぁ、なんとも切ない。
アメリカって、ゲイにものすごくクローズドな社会だ、ってことを、
示しているワンシーンだった記憶があります。
結局、ノンケのふりをして生活して、そして、その事実を墓場まで持っていかなければならないのです。

さてさて、話しは戻りまして、ケビン・スペイシーのカミングアウトの話し。

僕は当時まだ10代だったのですが、ケビン・スペイシーを見て、
「セクシーでかわいい中年だなぁ」と思った記憶があります。
このハゲっぷりとか、ちょっといい男っぽい感じとか。
なんだろう、瘉されるパパという感じでしょうかね?
かなり好きだった記憶があります(恥ずかしい!!)

最近はあまりケビン・スペイシーの活躍に注目していなかったのですが、
まさかこんなカミングアウトのニュースが目に飛び込んでくるとは!

ただ、彼はずーっとゲイではないか?と疑われていたんですよね。
アカデミー賞受賞後の雑誌インタビューでも、
「あなたはゲイですよね?」と単刀直入に質問されてたし。
(アメリカの雑誌って凄い質問しますよね、、、)

なので、まぁ、あまり驚かなかったけど、、でも驚いた!

今回のカミングアウトについてはいろいろ否定的な意見が多いのですが
(とある俳優が、少年の頃にケビン・スペイシーに襲われかけた、というトラウマを
Twitterで告白したことをきっかけに、ケビン・スペイシーはカミングアウトに追い込まれたようです)
それでも、まだまだゲイに否定的な世の中で、堂々とカミングアウトしたのは、
凄いなぁ、と思います。

アメリカも遅れてるけど、日本はさらに遅れてる。
僕が生きている間に、誰もが自由に生きられる世の中は来るのでしょうか?
トランプや安倍首相がトップにいる限りは難しいかもなぁ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. Tick Tack より:

    そうですね。ふとしたことから軽く関係を持った友人がいるのですが、
    当然のことながら秘密です。でも秘密の関係って難しいですね。特に
    接点の無い二人がどうして? と勘繰られることが多く、最近は「やはり
    無理かな」と思うようになってきました。

    • gay-papa より:

      そうなんですね、、、。詳しいことは分かりませんが、
      まだまだオープンにはできないですよね、、、

      • Tick Tack より:

        上手く説明したと思っても、第三者から見ると
        やはり?な部分は残りますし、妻バレしたら…
        女と遊んでると思わせても、それはそれで問題
        ですしね (-_-;)