局部を切られた弁護士ってモテそうだよなぁ。不謹慎だけど。。。

花粉の季節がやってまいりました。みなさん、お元気ですか?

さて、数年前にかなりショッキングな事件がありましたよね。
弁護士事務所に勤めていた女が、弁護士と不倫して、
女の夫、小番一騎被告が、怒ってその弁護士のチンコをちょん切っちゃったっていう事件。

いやー、殴られたくらいならいいけど、切られちゃったらね、、、
人生における男性としてのお楽しみはほぼ皆無。性欲もなくなるかもよ。
オナニーとかどうするのかなー。セックスなんてもちろんできないんだろうけど。

さて、そんなおぞましい事件の判決が出ましたよね。

「被害者に落ち度があるが、やりすぎ」小番一騎被告、2審も懲役4年6月 東京高裁
妻と不倫した弁護士の男性の局部をはさみで切り落としたなどとして、傷害などの罪に問われた元慶応大法科大学院生、小番一騎(こつがい・いっき)被告(26)=1審東京地裁で懲役4年6月の実刑=の控訴審判決公判が14日、東京高裁で開かれた。小番被告側は「量刑が不当に重い」と控訴していたが、植村稔裁判長は「1審の量刑判断に誤りはなかった」とし、控訴を棄却した。

植村裁判長は「男性が小番被告の妻と不倫したことは民事上の賠償責任が生じる違法なものであり、男性側に落ち度があることは明らかだ」と指摘しつつも、「(暴力ではなく)民事訴訟などで対抗すべきだった。局部切断は極めて悪質で危険な上、男性に大きな肉体的苦痛と生涯消えることのない精神的苦痛を与えた」と指弾。実刑判決は妥当だったと判断した。

1審判決などによると、男性の秘書だった小番被告の妻は平成26年12月から複数回、男性と合意の上で性的関係を持った。男性との関係を疑った小番被告が妻を問い詰めた際、妻は「不本意に関係を持たされた」と説明。小番被告は妻が性的に暴行されたと考え、27年8月、弁護士事務所で男性を殴って気絶させ、局部をはさみで切り落とした。

引用元:産経ニュース

懲役4年6月かー。短くない?まぁ、不倫した弁護士が悪いんだけど、
その弁護士は男性としての楽しみが、死ぬまでなくなっちゃうわけですから。
もう、生きてる意味無くなりますよね。マジで。
それに対して、4年6ヶ月だもんね。短いよなぁ。

そうそう、そんなことはどうでもいいんです。

この事件の時に、僕が思ったことなんですけど、
この不倫した弁護士ってかなりイケてませんか?

その弁護士と思われる方の写真は下記から見てみて下さい。
リンク:弁護士の和田正、今後どうなる!?家族構成や写真など [ニュース]

2枚ほど、この被害者の不倫弁護士の写真が貼ってあるんですけど、
ノンケ好きには堪らないルックスだと思うんです!
優しそうだし、なんとなく体も大きそうだし、包容力ありそうだし。。。
そして、弁護士で子どもが4人もいて、人生は順風満帆、、、と、
ご近所さんからは思われていたと思うんですが、
こんな爽やかな顔して、やることはやってるんすよね。
そう、それがまたエロいんですよ!!

僕も、もし女で、この弁護士事務所の事務員だったら、
色目使って落としてると思います(笑)。

そんな順風満帆な人生が一転、チンコが無くなった今、
性欲も無くなり、男らしさも無くなってきてるかもしれませんね。
お気の毒です。。。僕も気をつけます。。。

★スーツの似合う男はかっこいいっす!★

スーツ男子の勃起

スーツ男子のオナニー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. しゅう より:

    とても良い!不謹慎だがグッと来た。どんなのをお持ちだったのかな…って不謹慎な想像は膨らむばかりです。

  2. しゅう より:

    今となっては知る由もないけど、容貌から察するに、多分デカかったんだと思います。

  3. ハーミット より:

    もっと不謹慎ですが、強姦罪とかで逮捕された人はゲイにレイプされることにすればイイんじゃないですかね?
    同じことされて嫌な思いしても、男に目覚めても再犯は防げそうじゃないですか?

    • gay-papa より:

      なるほど!
      ノンケのケツ、犯してみたいっすね!
      そんな仕事あったらいいなぁ(笑)