高校時代に好きだった人(ノンケ)を思い出してみた

ホント、暖かくなってきました。春到来!ブヒブヒ!いいね。

この前、高校時代に好きだった人のことをある人に話したことがあり、
当時のことを思い出してみたら、なんとも苦しい片思いをしていたな、
と我ながら甘酸っぱい気持ちになりました。

ノンケへの片思い、、、これほど辛いものはありません。

僕が高校時代、片思いをしていた相手は、親友、と呼べるような人でした。
(でも、今はお互い連絡を取っておらず、音信不通。
今も好きか??それはないない(笑))

高校2年の時に同じクラスになり、それ以来、卒業までずっと一緒に高校生活を過ごすことに。

クラス替えで席が隣になり、向こうから話しかけてきたのですが、
ものすごく性格が悪過ぎて、それに驚いたのがファーストインプレッション(笑)。
「お前のほうが性格悪いよな」とか、「お前ってほんとバカ」なんて
罵倒をあびせられたりしながらも(笑)、
まぁ、一緒にいると、楽しくなってしまい、そして、徐々に打ち解け合い、
昼休みも、放課後も、そしてたまに週末まで一緒にいる仲にまで。

初めは、僕は彼に対して友達以上のことなんて思っていなかったのですが、
一緒にいる時間が多かったためか、いつの間にか、好きになってしまっていました。
授業中も、彼のほうをずっと見ていたり、週末も彼のことを考えていたり。
もしかしたら、彼のことを思い出してオナニーをしていたかもしれません。

今でも思い出すのは夏の制服。
半袖のワイシャツ。
腕を上げた時に見えるワキ毛とか、開いた胸元とか、
他の人が見ればなんてことないんだろうけど、
好きな人だったからこそ、彼のすべてが好きになってしまい、
近くから見ているだけで、気を失いそうでした。

彼はノンケ(多分)。僕にそういう気なんてあるわけない。
でも頑張ってキスしたことがあります。

僕の通っていた学校は、大学付属だったので受験のない学校。
なので、高校3年になっても、みんな暇(笑)。
夏休みも冬休みも、クラスで避暑地に行ったり、海に行ったり、スキー行ったり、遊びまくっていました。
僕と彼はというと、旅行好きという共通点があり、
小遣いとバイトで稼いだ金で、2人で国内外の旅行を楽しんでいました。

旅行中は四六時中一緒。布団は1つ。その中で一緒に仲良く寝てました。
楽しい反面、ぶっちゃけ、頭がおかしくなりそうだった。。。
だって、いっつも一緒にいるのに、何もできないんですから!
それも、隣で無防備に眠っている。。。

キスしたい!
そんな衝動を何度抑えたことか!
しかし、若いってスゴイな。
隙を狙って、爆睡中に唇を奪いましたよ、思い切って。
起きたらどうしよう、、、とドキドキしながらね。
チュッ
ほんとに軽く、軽ーーく、唇を合わせただけ。
それで精一杯。
彼は目を閉じたまま。。。
あーーー、なんて甘酸っぱいんだ。。。

で、もちろんそれ以上のことはなし。
そして、そんなこんなであっという間に3月になり、卒業。
僕の恋は終わりました。

そういえば、卒業の時に、手紙を渡した記憶があります。
(手紙!今じゃ考えられないね)

僕は彼とは別の道を選ぶことにしたため、
もうなかなか会うことができなくる。

手紙には、「●●(友人の名前)は僕の中では特別な存在だ。これからもよろしく」
的なことだったかと。

今思えば、かなり頑張った自分の行動。
自分で自分を褒めてあげたい。

もちろん、好きなんて書かなかったけどね。

それ以降、たまーーに会うことはあったけど、それぞれ別の世界があったので、
少しずつ関係がフェードアウト。

こうやって文字にすると、いろいろ思い出してくるなぁ(泣)。
春だからかなぁ?

みなさんも、甘酸っぱい恋の思い出はありますか?

★好きな人だったらキスだけでイケる★

ジャニ系トモキが大河とデカチンを兜合わせシコシコ!奇跡の同時射精で超大量ドッピュン!!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. S より:

    はじめまして。
    以前から読ませてもらってました。

    初コメントです。

    今回のブログを読んで、自分の高校時代を久し振りに思い出してしまいました。

    修学旅行の夜、勝手に好きな奴のいる二人部屋に押し入って、眠れないまま眺めた北京の夜景

    その後、一大決心をして奴のベッドに潜り込み背中に感じた彼の体温

    電話で長話した後の、”お休み”と言う奴の声

    卒業式の朝、校門から玄関に向かう時に見かけた奴の背中(声を掛けられなかったのは、何故だろう?)

    純情だったなあ、俺。
    全てが、切なくもいい思い出です。
    あの卒業の朝以来会ってないけど、彼との時間が、ノンケしか周りにいないと思い込んでた頃の自分を、いつも助けてくれてました。

    久し振りに、あの時間と向き合えました。
    パパさん、ありがとうございました。

    • gay-papa より:

      高校時代ってほんと、悩みが多いですよね。。。
      僕の彼との思い出は、全然キレイじゃないです。
      ここでは書けないようなことばかりしてました(笑)。
      ま、今となってはいい思い出なのかもしれないけど。

      で、結局彼はノンケだったんですか?

  2. しゅう より:

    私が高校3年の時にずっと一緒にいた友人のことが好きだった奴から、「お前なんかに負けない」と絡まれたことがあります。何故かは分かりませんが「公認」だったようです。当事者同士は全くそんな気はありませんでしたが。

    • gay-papa より:

      分かります(笑)。お前ら付き合ってるからなぁ、って周りから冗談で言われると、顔が真っ赤になったりして恥ずかしかった。。。

  3. あき より:

    パパさん解る!です。僕も高校時代にシャツからのぞくわき毛(陸上部)に憧れ体育のときにイケメンの裸が見られマジドキドキありました。バイトでアメフト選手と仲良くなり胸筋腕凄くて『触っていいよ』って言われた時ドキドキでした。触っていいよって、マジ!みたいに。触りまくりました。

  4. S より:

    パパさん、こんばんは。

    俺の片思いしていた彼は、ノンケです。
    たぶん、恐らく、そうです。

    もし、万が一ゲイだったりしたら、ショックかな。
    俺にも可能性あったじゃん!って後悔しまくるでしょうね。

    • gay-papa より:

      確かに!そうですねー。
      僕も彼がゲイだったら、もっと積極的になれてた、かなーー。どうだろ。。。

  5. しょう より:

    甘酸っぱい思い出か〜。いっぱいあります笑。高校の時、恋に落ちたのは3人です。一人は今でも大親友です。お互い居心地がいいんですよね。共通点もいっぱいあるし、話さなくても気まずくないし。キスとかはないですけど、一つのベットで一緒に寝たり、リップクリームを共有したりする奴です。一緒に寝た時、襲いそうになるけど、親友の関係壊したくないから我慢しております。もう一人も同級生で、部活帰りによく遊んでました。そいつの家に泊まったある日、寝ていたらいきなり布団の上から乗っかられて腰動かされました笑あれはなんだったんだろう。。膝枕してーって甘えてきたり、一つのイヤホンを片耳ずつ共有したりしました。うーん、そいつはゲイなのかなぁ笑
    最後の一人は先輩で、すんごく優しくてカッコいい人でした。文化祭で、劇やるから見に来てよって言ってくれたり、今度遊ぼうよって言われたり。憧れの先輩だったから、嬉し恥ずかしでまともに話せなかったな〜。結局先輩に彼女ができて、想像してオナニーばっかりしてました。高校時代が懐かしいな。もうちょっと勇気もってチュウとかしたかったですw

    • gay-papa より:

      高校時代のノンケの友達ってじゃれ合い多いから、勘違いしちゃいますよね。よくわかります。
      3人も好きだったんですか!
      恋多き男ですね。羨ましい!

  6. サト より:

    パパさんこんばんは。
    高校時代って今思い出すと青かったな~っていう思い出しかないですね。遅咲きだったのでまだ自分が男に興味あるなんて思っていないながらも、若い体育の先生のジャージ姿がいやに気になったり。。。
    いい思い出です。

    • gay-papa より:

      若い先生!憧れるー!
      僕の高校は超ベテランしかいなかったんで、
      若い先生なんて皆無。
      体育教師なんて、ジジイだけでしたよ(笑)。

  7. まったく より:

    こんばんは。
    思わず?思い出してしまいました、中学の先輩。
    最終的にもしかしたらこっちの世界に引き込んだかもしれません。
    遊びに行った帰りに先輩の家に行くことになり、疲れからが先輩が寝たんです・・・という関係の先輩。
    先輩が高校受験に失敗して、そのあと一度だけ呼ばれてあったけど、その後音信不通。
    いまどうされているのか。

    でも、いま思うと織田信成に似ていたかも(笑)
    なにを思い出させるんですか!

    • gay-papa より:

      若いとね、、、悶々ムラムラ止まりませんからね。。。
      友達もノンケとフェラで性処理する関係が高校時代長く続いてましたが、、、
      途中でやってはいけないことと気付き、やめちゃったそうです。