「君の名前で僕を呼んで」が素晴らしすぎて震える

お久しぶりです。生きてます。
今日も、どこかでこのブログを書いていますよ。

先日、こちらの映画を見ました。

『君の名前で僕を呼んで』
公式サイト:http://cmbyn-movie.jp/

これを見て、「誰かに話したい!!」と思ったんですけど、
ゲイの友達はほとんどいないし、妻に話すのも気が引けるので
(男同士の恋愛の映画だから)このブログでぶちまけます!

実はこちらの映画、僕のブログの読者の方にお勧めされていました。
昔、男同士の恋愛の映画を見た感想を投稿したのですが、
その投稿を見た方から、直メッセージで「ぜひこれも見て欲しい」と。

でも、なかなか時間がとれず、ちょっとこの映画の存在自体忘れていた頃、
たまたま、海外出張時の飛行機の中で見ることができたのです!
そこそこ長距離の飛行機だったので、映画を数本見てちょっと疲れ果ててきた頃。
着陸数時間前に「もう一眠りしようかなぁ」とボーっとしながら、
リモコンをピコピコしていたら、この映画の存在に気付き、慌てて、動画を再生させたのです。

まだ新作の映画なので、ネタバレにもなるから、あまり詳細は書きませんが、
僕はこの映画に出会えてよかったと思いました!!

概要は、wikipediaから拝借します。

1983年、17歳のエリオ・パールマン (ティモシー・シャラメ) は、今年も両親と共に北イタリアの別荘で一夏を過ごしている。エリオは、アメリカの名門大学で教鞭をとるギリシャ・ローマ考古学の教授と、何ヶ国語も流暢に話す母親の一人息子だ。アカデミックな環境に育ったエリオは、他の同年代の子供に比べて、文学や古典に親しみ、翻訳(英語、イタリア語、フランス語を流暢に話す)や、音楽の編曲を趣味にする(ピアノとギターを弾く)など、成熟した知性豊かな子供に成長した。
毎年パールマン教授は、博士課程の学生を1人、アシスタントとして別荘に招待する。今年やってきたのは、課程論文を執筆中のオリヴァー (アーミー・ハマー) だった。エリオは、自信と知性に満ちたオリヴァーを、はじめは嫌厭するものの、徐々に彼に対し抑えることのできない感情に駆られていく。『君の名前で僕を呼んで』は、そんな2人に与えられた6週間の、情感と情熱溢れる恋模様を描き出す。

引用元:Wikipedia

ものすごく綺麗なイタリアの田舎の風景と、
美しい家に美味しそうなご飯、美しい少年、ハンサムなアメリカ人と、
なんだか小説を読んでいるような気分になってしまい、
あっという間にこの映画に没頭してしまいました。

この映画の凄さというのは、なんといってもエリオの感情が
リアルに細かく表現されていること。
この役のために生まれてきたのか!?というくらい、エリオそのもの、という感じでした。

恋愛もセックスも知らない17才の「相手を好きになる気持ちが抑えられない感情」や
「男同士の恋愛をしてはいけない!」と気持ちを抑える24才の感情、
どちらも、ものすごく理解できて、とにかく二人に感情移入をしまくり。

たまに男女や男同士の官能的なシーンがあったりして、
(男の全裸や女の子のおっぱいポロリとか)
真横を通り過ぎるCAや客にドキドキしながらも、
指をくわえながら、どっぷりハマってしまいました。

そして、映画の中の細かい表現もほんと素晴らしかった!
手をつなぎたくてもつなげられない、
今すぐキスをしたくてもできない、
誰にも気付かれないように、こっそり。
この微妙な距離感が、「俺のことか!?」というくらい、理解出来た(笑)。
特にエリオの感情はこれでもかというくらい、丁寧に丁寧に描かれています。
ほんと、素晴らしいです。

お互い彼女もいるし、でも、お互いの気持ちは伝え合っているし、
でも、男同士の恋愛はご法度だし、くっつけそうでくっつけない、
モヤモヤな二人・・・。
しかし、どうしても、「好き」という気持ちが抑えられず、
なんと、結ばれる日がくるんですね。

ベッドでこれから始まる二人の愛、、、
「大丈夫?」と声をかけるオリヴァー。
「大丈夫」とうなずくエリオ。
はぁ、なんて、美しいのだろうか。。。鼻血ブ~。

しかし、その瞬間、

「ドスン!」

ものすごい振動が!!!
何事!?と思ったらなんと、着陸してしまったのです。。。
おいおい、まじかよ。。。

これからなのに!と着陸したことに怒りを覚えつつ、
現地約2週間の滞在中は、常に、帰りの飛行機のことで頭いっぱい。
早く続き見たいよーーー。とにかく我慢しましたよ。
マジで我慢汁が出まくりました。(オナニーはしたけど)
色んな意味で長かったなぁ・・・。

そしてそして、とにかく楽しみにしていた帰りの飛行機。
最後まできっちり見ましたよ。

うーーん、二人の愛のシーン、良かったね。良かった。
愛し合った後、エリオは罪悪感からか、ちょっとオリヴァーと距離を置きたがる行動をとるのですが
ものすごく良く分かるわーー。ほんと、よく描かれてる。
結局、最後は結ばれないんですね。時代背景もあるんですけど。
まぁ、それはぜひ、映画を見ていただきたいのですが、
僕が一番心を打たれたのは、最後の最後のエリオの父親のセリフです。

エリオの父親は、エリオとオリヴァーがそういう関係だというのは、知っていました。
そして、別れたことにひどく落ち込むエリオに対して、父親が話した言葉が、
ズキンズキンと胸に響きました。もう、乱気流並みに心を揺さぶる(一応、飛行機にかけてみました)。
涙が出そうでしたよ。
なんかね、感動、というよりは、
「お父さんの気持ち分かる!子どもにはそんな気持ちにさせたくないよね」っという感じ。

「感情を無視するのはおかしい」
「今はひたすら悲しくつらいだろうが、痛みを葬るな!感じた喜びも忘れるな!」
そう、この父親もいろんな感情を捨てて生きてきたのです。
「お前たちが得た経験を、私は昔、自分の気持ちを抑えて、逃してしまった」

いや~~~、そうっすね。そうっす。
ほんと、痛いほど分かります。
こんな父親が欲しかった。こんなこと、17才の自分に言ってくれてたら、
人生変わってたかもなぁ。


僕は恋愛というものを、ずっとずっと避けてきました。
そしてこんな年になった。

男が好きだなんて、絶対誰にも言えなかったし、
たとえ、男同士で、お互いの気持ちが通じるようになれたとしても、
結局いつかは別れるのでは(それを想像すると怖くなる)?とか、
お互い傷つくだけなのでは?と負の感情が芽生えてしまい、
人を心から好きになることを押し殺して生きてきたきたのです。

それを、スクリーンを通して、エリオの父親が代弁してくれた気がして、
涙が溢れそうになりました。
でも、時すでに遅し。もう戻れないんですよね。
そういう感情から真正面に向き合える年ではなくなってしまいました。

そうそう、このこと、最近、仕事をしていてもつくづく思うんです。

人を本気で好きになり、成就しようがしまいがそれを相手に伝えたことがある人と、
そうじゃない人(我慢している、もしくは自分にウソをついている)って、
人としての深みが違うなぁって。それが仕事や人生にも表れてるなぁ、って。
もちろん僕は後者。自分にウソをついてることが多かった。
今になって後悔することもしばしば。

この事については、また別の投稿に書きますけど、
人を好きになる事、そしてそれをきちんと受け止めることってマジで
大事な成長過程なんだなぁ、って思います。
僕はいつも悶々としていたし、好きだってことを伝えることも下手くそ過ぎて、
嫌いなふりをしたりとか、もう分けわからない行動に出てしまいがち。

でも、自分の子どもたちには同じ気持ちを持ってほしくないから、
自分の感情を大切にして生きてほしいなぁ、と映画を見て思えました。
僕もエリオのお父さんのようにならなくてはね!

ということで、微妙にネタバレがありつつ、
自分の感情のママに書き綴って意味不明な、久々の投稿ですが、
未だに心に余韻が残る素敵過ぎる作品です。

言葉にすると、陳腐なんですけど、
ほんと、心を揺さぶる素敵な作品。
これは、今まで見た映画のトップ5に入ります。

そして、恐らくこのブログを読んでいる方たちには、心に響く作品だと思います。
特に若いころのような恋愛ができなくなってしまったパパさんたち。オススメですよ!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. コウジ より:

    久しぶりに、ものすごく気持ちが高ぶったゲイパパさんの文章を読んで、こちらも激しく感動しました。この映画、僕もすでに観ていますが、より感動が深まった感じ(笑)。
    続編の製作も決まっており、メインの登場人物も同じらしいので、どんな物語になるか楽しみです。

    • gay-papa より:

      次の作品があるという噂、聞きました。
      見たいような、見たくないような。。
      僕の中では二人の愛はあれで完結してしまってるので。。。
      不倫関係が続くんですかね??

  2. Tick Tack より:

    現実の恋愛は、生々しく、カッコ悪いものですよ。のめり込んでも
    割り切っても、誰かを傷つけ続ける…

    現在の生活を守りたいなら、美しく描かれたフィクションの世界で
    ドキドキするに止めておいた方が賢明だと思います。「男が好きなのは
    事実だけど君は特別だ」と言っても、納得してもらえませんよね…

    • gay-papa より:

      そりゃそうですよね。。。
      でもそれが止められなくなることがあることも現実。。。

  3. 徐庶 より:

    パパさんお久しぶりです。
    映画紹介ありがとう!
    僕も、機会あったらレンタルとか探してみよー。
    パパさん、文筆力から、すごく伝わってきて見たくなっちゃいました。
    ちなみに、そんなパパさんオススメしてた、おっさんずラブみはじめました。
    まだ1話ですが、コミカルでいーですね。”はるたん”って言うスーツ姿の吉田さんのギャップも最高。
    アマゾンプライムからダウンロードで通勤時に観てます。便利な世の中ですね。

    • gay-papa より:

      ぜひぜひーー。スマホでもいいので、一人でじっくり見て下さいね。
      おっさんずラブですが、実はまだ1本も見てません。
      面白かったですか??

      • 徐庶 より:

        主人公のキャラクターが受け付けないところあるけど…。田中圭君がじゃなく、主人公ね。
        テンポ良く進んで、面白いですよ!

  4. オオマイ より:

    いつも読ませてもらってます、このブログで映画の存在を知り、昨日観てきました。ほんと素敵な映画でした。当方のブログでもゲイパパさんの記事を引用させて頂き、この映画のことを書きました。
    事後報告で、すみません。

    • gay-papa より:

      ブログ紹介、ありがとうございます!そして、すてきな感想、、、また映画を思い出して、
      胸が締め付けられる思いです。。。
      続編が決まってるらしいんですが、、僕としては、最後の暖炉のシーンを
      心に閉まっておきたい気分です。。。