脱アナル処女物語<上>

先日、僕が一生しないであろう経験、そして、この一線を越えてはいけない!
ということをしてしまいました。
それは、、、

アナル貫通

です。
北朝鮮と韓国が統一する日のほうが早く来る、なんなら、人間が宇宙のどこかの星で暮らす日のほうが早く来ると思ってましたが、
まさかのまさか、僕のアナル処女を奪われる日のほうが早かったのです。

僕のアナル処女を奪ったのは3人のお子さんを持つ年上のパパさん。
出張先で出会った人です。
付き合っているわけでもないですし、僕のブログの存在も知らない(であろう)と思います。簡単に言うと、行きずりの相手です。

きっかけは、出張先の夕食を一緒にできる人を掲示板で探したときに連絡をくれたこと。

何人かからお返事頂いたのですが、単刀直入に
「既婚なんですけど、エッチ目的はだめですか?」と聞いてきた人がいたのです。
それが、その人。

はじめはちょっと面倒だなぁ、メシが食いたいだけなんだけど、と
やんわりとお断りしたんですけど、なかなかしつこく(笑)誘ってきます。
「今晩、時間ができたら会いましょう」と適当に返したのですが、
そのあとも、ちょっとメールでやり取り。
彼は完全なタチらしく、
「イチャイチャエッチしてたら、ケツを欲しくなるかも、、、」と言われてしまいました。

冗談で「やったことないからダメです。お試しならいいけど」と伝えると、
ものすごく彼をやる気にさせてしまいました。ムラムラしてたまらない!とのこと。
結局会う約束をしてしまいました。

しかし、何時間か経って、やっぱり簡単にケツを試していい、なんて言うもんじゃないし、タチの人がケツをできないのは辛いだろうな、と感じた僕は、
「やっぱりケツ怖いから申し訳ないけど、またの機会に、、、」
とお断りしました。
怒られるかな、と思ったら、
「全然いいよ。無理にしたくないし。またやりたくなったら連絡ください。待ってますんで。」
となんとも紳士的な返信が。
なんか、その優しすぎる返信にキュンとしてしまったアホな僕は、
「ケツを試して痛かったらすぐにやめてくれるなら、、、」と
うぶな女のような返事をしてしまいました。

「わかった。絶対に無理にしないから。〇〇時に、〇〇ホテル(僕の泊まっているホテル)に向かいます」との連絡が。

その間、何にも手がつかない。。。ドキドキ、ドキドキ。。。
ケツ、掘られちゃうのかな?絶対無理なのは分かってるんだけど、でも、
相手に期待させちゃったし、、、。と、ドギマギしつつも、
アナルを触られることは確実なので、ウォシュレットで頑張ってお掃除だけしておきます。
相手はシャワーを浴びてから来る、ということなので、僕もシャワーを浴びて準備万端。

数時間後・・・。

彼がやってきました。
僕より背が低い中肉中背。見た目は、ほんと、普通のパパさん。
本人も言ってた通り、かなり、見た目はまじめな感じです。
まさか、あんなにドエロい人とは。。。

僕の部屋に入って、少し話した後は、キスから始まり、服の上から僕の乳首をまさぐり、そのあとは、服を脱がされ、そのまま乳首をぺろぺろ。。。
「たまんない、たまんない。。。」と言いながら乳首をぺろぺろされて、
興奮してしまい、完全に勃起してしまった僕。

そのあと、ベッドの上に倒され、全身を舐めわまわされます。
この人、マジでタチだわ、と思いながら、僕は少しお酒を飲んでいたこともあって、どんどん、前戯に陶酔していきます。体を委ねちゃう感じ。
まるで女になった気分(←気持ち悪!)。

しばらく前戯が続いた後、
「もう我慢できないよ。。。ローションたっぷり塗るから、指でアナルほぐしていい?」
と聞かれ、あーーー、ついにこの時が来たか、、、と、思ったけれど、
「指だけならいいですよ」と返事しました。
前にも書きましたが、僕は指2本入っただけで、もう、限界のアナルサイズなんです。

まずは人差し指を入れて軽く出し入れ。

「中がめちゃめちゃ温かいよ。。。すげぇ気持ちいいよ。。。」
そんなこと言われると、ほんとに女になった気分。

「前立腺、感じてるね。触るたびに、我慢汁出てるよ」

自分は、「前立腺は感じる体」っていうのだけは知ってました。
過去の話ですが、指で前立腺を刺激されるたびに、チンコがビンビンに上下運動してましたから。

いつの間にか2本目まで入れられ、さすがにちょっと痛みを感じる僕。
「もう2本入ってるよ。」
「トロトロになってきたよ」
「このままチンコ入っちゃいそうだけど。。。」
と口説かれ、じゃあ、お試しで、ということで入れてもらうことに。

しかし!

やっぱり本物のチンコは痛かった。
正常位の状態で、亀頭の一部分だけを出し入れされたけど、
やっぱり痛くて無理!
でも、彼は「先っぽだけでも温かさがわかる。。。エロすぎるよ」と
言葉巧みに、僕を責めてきます。

とはいえ、やっぱりこれ以上は無理、ということで、
あきらめることにしました。

最後は正常位の状態で、素股でピストン運動を楽しんでもらった後、
ゴムを外して、彼は射精したのですが、、、

それがまるでシャワーのようにものすごい量と勢いで
僕の体にぶっかかってきたのです。
なんだこの量!ちょっと驚いてしまったのですが、
「最高にエロくて、興奮しまくってしまった。。。」とのこと。
なんか、最後の最後まで優しくてエロい人だな、というのが僕の感想。

その後のピロートークで、
「ぜったい、ケツ入ると思うし、感じる体質だと思うよ。
無理せず、次会うときにもまた試したいな」
とのことで、その日はお別れしました。

帰った後、寝る前に、「思い出すだけでムラムラする」とエロエロメッセージが。。。
次の日の朝も、昼も、こまめにメールを送ってきてくれて、
「次、〇〇(地名)に来るときに必ず連絡ほしい」とのこと。
そこまで言われるとなぁ。。。なんか、会いたくなっちゃいますよ、僕だって。

「次、いつ来られるかわかりませんが、またご連絡しますね。」
と、いったんはお別れしたのですが、
なんと次の週、奇跡的にもまた同じ場所に出張に来ることになったのです。
もちろん、彼に連絡を入れることにしました。

<下>に続きます(そのうち更新します)

★指でしっかりアナルをほぐしましょう★

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. まつたく より:

    うわー!すごいですね。
    実は僕も途中までは経験したことがあったのですが、怖くなってやめてしまいました。そっちしか感じなくなったときを想像すると、二の足を踏みますよね。

    でも、続きが興味あります!
    楽しみに待ってます

  2. Tick Tack より:

    気を悪くしたらごめんなさい。

    ゲイパパさん、潜在意識下では受けたいと思っていることが、以前から
    ブログの行間に滲み出ていたので、「あー、ついにその日が来たか」と
    いうのが最初の感想です。

    相手のパパさんは駆け引きも上手く、かなりのやり手ですね。処女奪取の
    フィジカル・テクニックも期待しちゃいます。

    受けができると快楽は2倍以上と言われているので、まずはおめでとう
    ございます。ただ、心まで奪われないように気を付けて下さい。

    • gay-papa より:

      駆け引き上手の人だったのか!
      単純に優しい人かと思ってた(笑)

      僕は年上には掘られてみたい願望はあります。
      年下だったら掘りたいかなー。
      実際にはどっちもなくても良いんですけど、
      ケツできたら楽しいな、とは思います。
      でも、癖にはならなそう。。
      それは次回お話します(笑)

      • Tick Tack より:

        天気も悪く寒いので暇です (笑)

        ガンガン押しまくってからスーって引くと、相手は離れるどころか、
        逆に自分から近づいて来る、押し相撲と同じですよ (笑) 

        一見すると欲望が丸見えの行動なのですが、相手の反応を見て
        一旦引き、近づいて来たのを確認してまた押し始める、その加減が
        絶妙だったでしょう? ある意味優しいですよね。

        まあ、割り切った関係で終わったようなので安心していますが、
        アナルは開発するものなので、日々プラグ等で訓練しておけば、
        素敵なセックスライフが待っているかも、ですよ。

        • gay-papa より:

          いや、もう開発はしたくない!怖いですもん。
          セックスライフは楽しく、安全に、が一番ですね。

  3. リン より:

    パパさん、ご無沙汰しております。とうとう一線を越えてしまいましたね。でも勢いってありますよね。僕の場合もゲイマッサージにて指の出し入れだけのつもりが、ありがたいことに相手のボーイさんとの相性が良くて、好みのタイプに「入れてイイ?」といわれるともうダメでした。極上のひと時でしたが、終わったあと少し背徳感がでてしまい、「元気でね。」なんて言ってそそくさと帰ってしまいました。もう5年以上前になりますが、今頃、彼はどうしているのかなぁ~なんて思い出してしまいます。

    • gay-papa より:

      相手がタイプだとヤバイかもしれないですよね。。
      もし、好きな人に掘られたら、
      その時のことが、忘れられなくなりそうですよ。。
      それにしても、マッサージでそんなことあるんですが?!
      他のパパ友も同じこと言ってましたけど(笑)

  4. リン より:

    2,3回指名していて、お互い薄々雰囲気で(タイプであることが)わかっていたからかな?(笑)でも勇気がいりましたし(当然ですが)ゴムは着けてもらいました。少ししてからまた会いたいなと思いましたが、その時には彼はもうそのお店をやめていました。以降、マッサージで絡みがあったのは2・3回かな。相性次第ですね。自分がのめり込むのも怖いですしね。

    • gay-papa より:

      マッサージでそんなカラミがあるんですねーー。
      掘られる専門ですか??

      • リン より:

        両方好きですが、相手がタイプだったら堀りたいほうかな。(笑)でも経験はこんなもん。既婚で現状を守りたいので。ただ子育てが終わったといえる最近、欲望が抑制しづらくなって悶々としています。(´;ω;`)ウゥゥ

        • gay-papa より:

          お子さんおいくつなんですか?
          子育て終わると、自分の人生、余暇をどう楽しむかが課題ですよねぇ。

          • リン より:

            男が2人で、既に成人しています。そうですね。これからも(自分の性的指向を)我慢し続けていくのはチトつらいです。ただカミさんとの生活も大事にしたいので、愉しみはマッサージと動画鑑賞程度で抑えております。

          • gay-papa より:

            そうなんですね!奥様との生活も大事に、となれば、
            マッサージ程度にしておいたほうが安心ですね、、、。

  5. バイリーマン より:

    喪失!早く下巻が楽しみです。
    最近になって、タチじゃなくてウケもチャレンジしてみたい?!
    いや、した方が気持ちいいのではないか?と考えてましたよ。
    去年からいい感じの人とは、先週さよならしたばかりなので、まずは相手探しからですが…。

    いゃぁ、心技一体!
    憧れちゃいますな〜。

    • gay-papa より:

      先週さよならしたばかり、、、。さみしいですね。。。
      下巻はシコシコ、合間合間に執筆中です。
      しばしお待ちを!